ブログ
  • メディカル青果物研究所

米の非破壊食味検査による分析結果の解説


【水分】

米の中における水分の占める割合を表しています。単位に示す%は検査サンプルに対する重量比として表記されます。玄米水分が13.5%以下の過乾燥米は炊飯前の浸水時にひび割れを起こし、べたついたご飯になると言われています1)。食味からみた玄米の適正水分は14.0%~15.0%とされています1)。また、貯蔵において米の水分が17.0%以上の場合はカビ等の発生が起きやすいため保管に注意が必要です2)。

【たんぱく質】

米の中におけるタンパク質の占める割合を表しています。なお、タンパク質含量は乾物換算として求められ、単位に示す%は検査サンプルに対する重量比として表記されています。タンパク質含量が多いと浸水時における吸水が阻害される傾向にあるため、ご飯が硬く感じられることがあります1)。また、タンパク質含量の数値が低いほどふっくらとしたご飯に炊き上がるとされています1)2)。『七訂日本食品標準成分表2016』によると、日本の米には平均して玄米で6.8%、精白米(うるち米)で6.1%のタンパク質が含まれているとされています3)。

【アミロース】

でんぷんの中におけるアミロースの占める割合を表しています。単位に示す%は検査サンプルに対する重量比として表記されます。米に含まれるでんぷんはアミロースとアミロペクチンという2種類の性質の異なった成分で構成されています1)2)。この両成分の比はうるち米でおよそ20:80、もち米では0:100とされています1)2)。アミロースの比率が低いほど、もち米に近いやわらかく粘りのあるもっちりとしたご飯になると言われています1)。

【脂肪酸度(玄米のみ)】

玄米に含まれる脂質の酸化度を表しています。単位に示すKOH mg/100 g は、米から脂質を抽出した溶液(酸性)を中和するのに要するKOH(水酸化カリウム:アルカリ性)の量を米100gに対して表したものになります。玄米には約3%、精白米には約1%の脂質が含まれており、時間とともに脂質が分解され遊離の脂肪酸が増加していきます1)2)。脂肪酸度の数値が高いほど脂質の酸化が進み古米化していると言われてます1)2)。

【食味値】

「水分」、「タンパク質」、「アミロース」、「脂肪酸度(玄米のみ)」を総合評価し、お米の食味を数値化しています。食味値は100点満点で表され、数値が高いほど良好として評価されます。

【参考文献】 1) 作物生産からみた米の食味学 (養賢堂) 2) 米の科学 (朝倉書店) 3) 七訂日本食品標準成分表2016 (女子栄養大学出版部)


最新記事

すべて表示

冬の分析キャンペーンが始まります!

新型コロナウイルスが再び猛威を振るい、まだまだ先が見通し辛い状況の中ではありますが、今年もお得な分析キャンペーンを開催させて頂きます。栄養価の高いお野菜を作り、食べて、皆で健康にこの冬を乗り越えましょう!! 【冬の分析キャンペーン】 ※今回のキャンペーンより注意事項が御座いますので、下記詳細をご覧下さい。 ▼キャンペーン期間: 2020年12月15日〜2021年1月31日(サンプル必着) ▼分析項

秋の分析キャンペーン開催中です!!

分析の秋。 味覚の秋をむかえ、野菜もたくさん収穫できるこの時期、「野菜の力」を見える化してみませんか? 【秋の分析キャンペーン】 ▼キャンペーン期間: 2020年10月15日〜2020年11月15日(サンプル必着) ▼分析項目: 野菜の健康診断 (Brix糖度・抗酸化力《植物ストレス耐性力》・ビタミンC・硝酸イオン) ▼価格:13,000円/検体(税込) ▼お支払方法:請求書払い(報告書と一緒にメ

【お知らせ】ESR分析に関して(再開延期)

新型コロナウィルスの影響を受けまして、ESR分析の測定再開時期が延期になりましたのでお知らせさせて頂きます。 サンプルの状態やESR測定項目次第では分析可能ですので、詳しくはお電話にてお問合せくだいませ。 お客様には大変ご迷惑をお掛けしますが、ご了承賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。