〒121-0073

東京都足立区六町4-12-12

TEL 03-3858-6158

FAX 03-3858-6159

株式会社メディカル青果物研究所
デリカフーズ株式会社
デザイナーズフーズ株式会社
ファームトゥウエルネス倶楽部

©  msi Co.,Ltd. All Rights Reserved.

紫色の野菜分析|株式会社メディカル青果物研究所

紫色の野菜分析
紫色の野菜

ビーツ・ナス・ブドウ・赤水菜・紫白菜・ベリー類・黒豆・トレビス・赤じそ・レッドキャベツ等

 

紫色の野菜・果物は、色素成分であるフラボノイドのうち赤~紫~青味を呈するアントシアニンを含みます。アトシアニンの中心物質であるアントシアニジンに糖や有機酸が結合しており、その種類によって色調が変化します。
また、赤紫色にはベタレインという色素成分のうち赤紫のベタシアニンも関係しています。
紫色の野菜・果物には、下記のような分析項目をご提案します。

おすすめ項目

総アントシアニン含量分析では、アントシアニジンを中心核とするアントシアニン全ての種類の総含有量を測定します。

分析の詳しい内容はお問い合わせください。

素材の特性に合わせて抗酸化力(植物ストレス耐性力)測定をします。

抗酸化分析はこちらをご覧ください。

Brix糖度・ビタミンC含量・抗酸化力(植物ストレス耐性力/DPPH法)・硝酸イオン含量の4項目を測定します。

野菜の健康診断はこちらをご覧ください。

紫色の野菜に含まれる単一成分・・・レスベラトロール・シアニジン・クロロゲン酸・ケルセチン-3,4‘-ジグルコシド・遊離γアミノ酪酸(GABA)・イソチオシアネート・スルフィド(硫化アリル/硫化アルキル)

その他項目

その他項目に関しましては、以下のボタンから詳細をご確認ください。

◆ 機能性成分・土壌/肥料分析・残留農薬分析に関してもお気軽にお問合せください。
◆ 生鮮品だけでなく、加工品等に関しても分析可能ですのでお問合せください。